茨城県水戸市|田澤歯科医院
「どうせ、乳歯は生え変わるからむし歯になってもいいかな。」「乳歯だから・・・。」と思っていませんか?乳歯には大切な役目がたくさんあります。
むし歯は食事のたびに作られる!?
食べ物のカスが残っていると、むし歯菌が糖分を分解して、ネバネバしたノリ状の物質を作り、歯の表面に張り付きます。これが歯垢(プラーク)です。歯垢はむし歯菌の大集団で、歯の表面を溶かす酸を作ります。酸が歯を溶かして、むし歯になります。また唾液や生活環境も影響しています。
1.
歯みがきを嫌がる子 ⇒ 歯垢は自然に取れません。
2.
歯につきやすい食べ物(アメ・ハイチュウキャラメルなど)やダラダラ食べている子。
※酸がたくさん出てしまい、唾液による修復作用が出来ず、口の中が虫歯になりやすい環境になります。
3.
甘い飲み物(乳酸飲料、清涼飲料など)、甘い食べ物が好きな子。
1.
咀嚼機能の低下 ⇒ しっかり噛む事ができず、消化吸収に影響。
2.
永久歯の形や歯並び、不正咬合になりやすい ⇒ むし歯により、早期に抜けてしまうと永久歯の生えるスペース不足になり歯並びが悪くなることもあります。
3.
発音障害 ⇒ 言葉を話すにはあごの骨や舌、歯も関係してきます。
4.
口の中の病気や感染症を招く恐れがあります。
5.
悪習癖を招きます ⇒ むし歯のために、指を入れたり、舌で触ってたり、片方で噛む癖が起こります。
6.
偏食、食欲不振から体の抵抗力を弱めます。
7.
心の影響 ⇒ 子供なりに気にするのです。
おやつ=甘いものの考えはやめましょう。こどもにとってのおやつは、第4の食事の意味があります。3度の食事で補えないカロリーや栄養を補うための間食なのです。離乳食開始した時期を思い出してみてください。甘い、濃い味は、誰もが好きな味です。ただ、体の事を考慮すると、薄味、自然な甘みに慣れさせることも、大切な、食育なのです。味覚の発達は乳幼児期から敏感に反応してきます。
1.
糖度の高いもの(ケーキ、チョコレート) ⇒ 糖度が高いと酸性度が高くなる。 
2.
口の中に長時間入っているもの(アメ、ハイチュウ、キャラメル) ⇒ 長時間口の中には入ると、酸が増えてしまいます。
※いずれは、食べることになるでしょう。ただし、与える年齢を考慮して下さい。自分できちんとみがけるようになるまではそのような環境作りも大切です。大人が与えなければ、兄弟がいない限り、子供はその物のことも知らないのですから。食べないに越したことはありません。
3.
歯と歯の間に挟まりやすいもの(クッキー、ビスケット) ⇒ 飲み物と一緒に。
1.
1回の量は初めから決めましょう。
2.
食べる時間を決めて、ダラダラ食いはやめましょう。
3.
飲み物は出来るだけ糖分の少ないものにしましょう。(お茶・麦茶・牛乳)
4.
食べたら、歯みがき!でも、出来ないときは、ブクブクうがいや、お口を拭くときにタオルで歯を拭くだけでも、効果があります。まずは、お口の中をきれいにたもつ環境を作ってあげてください。
乳歯はお母さんのお腹の中にいる時につくられていたのです。そのため、今すぐ、食べたものが丈夫な歯になるわけではありません。でも、永久歯は、お子様が誕生した時から作られます。そのため今から、歯の質を高める食生活を心がけましょう。
1.
カルシウムを多く含む食べ物 
チーズ、ゴマ、あさり、いわし、こんぶ、わかめ、桜海老、納豆、牛乳、小松菜
2.
たんぱく質を多く含む食べ物 
豚肉、牛肉、マグロ、さば、あじ、鮭、牛乳、チーズ、卵、大豆、豆腐、納豆
     
「早く、食べなさい」は噛む力の妨げになることもあります。きちんと噛むことにより、あごの発達を促すだけでなく
1.
食べ物の消化を助けます。
2.
唾液の分泌が良くなる ⇒ 唾液は口の中の汚れを洗い流したり、むし歯の元の酸を薄める作用があります。
3.
脳の働きを良くする ⇒ 噛むことによりあごや頭の筋肉を使うため、脳の血流が良くなります。
4.
食べ物の美味しさを学びます。
5.
食べすぎを抑えたり、イライラの解消することもあります。
天然甘味料(代用糖)とは、白樺の木や、とうもろこしなどから摂取した甘味料の事です。砂糖よりも歯に良いのですが、与えすぎはダメです。きちんと食べた後のケアーが大切です。キシリトール⇒むし歯菌の活動を弱め、減少させる作用があります。酸(歯を溶かす作用)が作られるのを抑える作用があります。キシリトールはイチゴ、プラム、などの果物、レタス、カリフラワーなどの野菜にも含まれています。
1.
チーズ、小魚、ヨーグルト
2.
サツマイモ、バナナ、りんごなどの果物、野菜、⇒ 自然な甘みがあります。
3.
イチゴ ⇒ キシリトールが含まれるため食後に最適。
4.
クラッカー、おせんべい
5.
ゼリー、プリン ⇒ 歯につきにいく。
アイスクリーム、クッキー、ビスケット、ケーキ
アメ、キャラメル(ハイチュウ)、乳酸飲料や清涼飲料水
全く甘いものが悪いわけではありません。量、時間、食後のケアーが大切なのです。
〒311-4151 茨城県水戸市姫子2-352-18
TEL 029-257-3533
診療時間:月火水金 9:00〜12:30 / 14:30〜18:30  土 9:00〜13:00 / 14:30〜17:00
木曜・日曜・祝祭日:休診
ホーム | サイトポリシー | プライバシーポリシー | お問い合わせ
Copyright 2012 TAZWA Dental Clinic , All Rights Reserved.