茨城県水戸市|田澤歯科医院
歯を失ったところに人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。埋め込む材料はには、アレルギー反応が少ないと言われているチタンという金属が用いられます。1本だけ歯を失った場合でも、全ての歯がない場合でも、一定の条件をクリアすればインプラント治療を受けることができます。

「第二の永久歯」インプラントとは
人間の歯は、乳歯から永久歯へ生えかわります。そして、永久歯が抜けてしまうともう二度と歯は生えてきません。むし歯や歯周病、または事故などで歯を失ってしまったときには、ブリッジや入れ歯による治療をおこなう場合があります。しかし、これらの治療法はあなたにとって最適な方法でしょうか。

・失った歯の両隣の健康な歯を削ってブリッジを入れる抵抗を感じる
・入れ歯が合わなくて、うまく噛めなかったり痛かったりする
・できれば入れ歯は入れたくない

このように感じていらっしょる方へ、インプラント治療をおすすめします。
インプラント治療をご希望の方に、インプラント治療が適しているかを診査します。インプラント治療はすべての方におこなえるわけではありません。全身疾患や局所的な原因でインプラント治療ができない場合もありますので、歯科医院での正確な診査・診断が必要です。
骨にインプラント(人工歯根)を埋め込みます。通常、局所麻酔でおこないますが、手術に対して強い恐怖心をお持ちの方には、鎮静下で手術をおこなうことも出来ます。手術後、骨とインプラントがしっかりと結合するまで少し期間をおきます。
骨とインプラントがしっかりと結合した後、型を採って、人工の歯を製作します。よく噛めるか、話がしやすいかなどの機能面はもちろんのこと、色や形などの見た目においても患者さんご自身が納得のいく人工の歯を製作し、出来あがったものをインプラントの支台に装着して完成です。
インプラントを長期間にわたって維持させるためには、日常の患者さんご自身によるブラッシングと歯科医院での定期検診の両方が重要です。期間には個人差がありますが、半年から1年ごとの定期検診が必要となります。
ブリッジとの比較【例:歯を1本失った場合】
 従来方法:失った歯の両隣の歯を削ってブリッジにします。
・両端の歯が健康な場合でも削らなければならない。
 インプラント治療ならば
両隣の健康な歯を削らずに固定された人工の歯を入れることが出来ます。
部分入れ歯との比較【例:複数の歯を失った場合】
 従来方法:他の歯にバネをかけて部分入れ歯を固定します。
・失った部分以外の健康な歯にバネがかかるため違和感がある。
・バネをかけた歯に負担がかかる。
・バネが見えるため見た目が悪い。
 インプラント治療ならば
他の歯にバネをかけることなく固定された人工の歯を入れることが出来ます。部分入れ歯に比べて違和感が少なく、見た目も良くなります。
総入れ歯との比較【例:すべての歯を失った場合】
 従来方法:歯肉との吸着力で入れ歯を支えます。
・硬いものが噛めない。
・味覚が落ちたり、食べ物の温度が伝わりづらい。
・不意に入れ歯がずれたり、外れたりする。
・顎がやせてしまうため老けて見える。
・入れ歯というコンプレックス。
 インプラント治療ならば
固定されるため、がたつきがなく安定します。天然歯と同じように何でも食べることができ、いつでも美味しく食事を楽しむことができます。また、入れ歯のようにずれる心配がなく自然に話しをすることができます。
〒311-4151 茨城県水戸市姫子2-352-18
TEL 029-257-3533
診療時間:月火水金 9:00〜12:30 / 14:30〜18:30  土 9:00〜13:00 / 14:30〜17:00
木曜・日曜・祝祭日:休診
ホーム | サイトポリシー | プライバシーポリシー | お問い合わせ
Copyright 2012 TAZWA Dental Clinic , All Rights Reserved.